ナットウキナーゼ サプリ

おすすめナットウキナーゼサプリ

当サイトはナットウキナーゼを手軽に摂れるサプリを紹介しています。単にナットウキナーゼを含んだものだけじゃなく相性の良い有効成分(DHA・EPA・ビタミンEなど)を同時に配合したものを厳選しています。

 

ナットウキナーゼはそのサラサラパワーから

 

  • 動脈硬化
  • 血栓症
  • 高血圧

 

などの予防・改善に役立つとされています。将来の生活習慣病リスクを軽減するためにもどうぞ参考にしてください。

 

きなり 実感したいなら!

きなりは、ナットウキナーゼのほかDHA・EPAを500mg含有した実感力No.1サプリメントです。

 

ドロドロや数値が気になる人が一番サラサラ度を実感できると評判なのがきなりであり、相性抜群のDHA・EPAといったオメガ3のほか、抗酸化成分のアスタキサンチン、ビタミンEなども配合しています。

 

きなりは将来の病気リスクが不安な方におすすめの万能型サプリメントとなっています。今なら当サイトから初回特別価格にて購入できます。

 

 

小林製薬 ナットウキナーゼ お試しするなら!

大手製薬会社の小林製薬が販売するナットウキナーゼサプリメントです。

 

DHA・EPAに加え抗酸を高めより快適なスムーズさをもたらすケルセチンも配合とサラサラに注力したものになっています。きなりと比べると1つ1つの成分含有量が少ない(例:DHA・EPA1日あたり71mg)のが物足りないところですが、「小林製薬」という信頼と安心で選ぶ人も少なくありません。

 

また、1日あたり約54円という低コストも長く人気となっている理由です。

 

 

ナットウキナーゼの効果

 

ナットウキナーゼとは名前にも入っている通り、納豆に主に含まれる酵素の一種です。正確には大豆を発酵させたときに作られる成分ですが、一般的な食品の中でナットウキナーゼを含むものは納豆のみです。

 

テレビや雑誌などでも紹介されたことがあるので知っている方も多いかもしれませんが、ナットウキナーゼには高い血液サラサラ効果があるため生活習慣病の中でも予備軍の多い高脂血症や動脈硬化の予防・解消に効果が期待できます。

 

血栓溶解作用が高いため、もし動脈硬化が既に進行していて血栓が発生してしまい、狭心症や心筋梗塞を引き起こす危険性があるような状況でもナットウキナーゼの働きによって難を逃れることができる可能性があるため、毎日納豆を食べて定期的にナットウキナーゼを摂取しておくことは、これらの難病に対する保険のような働きをするとも言えます。

 

また、有害なアミロイドと言う繊維状のタンパク質の発生を抑制することでも知られています。このことによりアルツハイマーの発症率減少にも効果があり、加齢とともに重要性が増していく健康成分ということができるでしょう。

 

また免疫力の向上や免疫不全症の改善、胃腸の機能向上、鎮痛作用、皮膚炎等の改善などその効果は幅広いのです。

 

また、当然ながら原料である大豆の有効成分、例えば大豆イソフラボンなどの効果も受け継ぎ、生活習慣病の予防・解消から美容健康にまで、多くの人に役立つ成分なのです。

 

ナットウキナーゼの1日の目安摂取量は?

 

ナットウキナーゼは血液の健康状態を保つために毎日でも摂取したい栄養素です。ただし栄養素は量が重要ですので、必要な量をしっかり満たすことで初めて健康に寄与します。そこで、ナットウキナーゼを1日にどの程度摂取すればいいかをまずは知る必要があります。

 

ナットウキナーゼは他の栄養素のように重量によって摂取量を定めたりはしていません。なぜならナットウキナーゼの状態によって活性が全く異なり、活性の低いナットウキナーゼを摂取しても全く体に働かないためです。ですのでこの活性度合いを示すために、活性単位FUを用いて表しています。FUはフィブリン分解ユニットの意味で、血液凝固タンパク質をどれだけ分解できるかを示す値ですから、まさにどれだけ血液をサラサラにできるかを示す値であるわけです。

 

そして、このFUという単位でいえば、1日のナットウキナーゼ摂取目安量は2000FUとなります。そして納豆1パックにはおよそ1500FU含まれていますから、納豆を食べているならば毎日十分に摂取できているはずと思うかもしれません。しかしながらナットウキナーゼは胃酸によって不活性化し実効FUは低下しますので、食事からのナットウキナーゼ摂取は意外と摂れているつもりで摂れていなかったりするものです。胃酸対策をしているサプリメントなどでは、額面通りのナットウキナーゼ量をそのまま吸収することができます。

 

ナットウキナーゼサプリの正しい飲み方!

 

ナットウキナーゼは大きな健康リスクである血液ドロドロ状態を解消するために、非常に役立つ健康成分です。ナットウキナーゼはその名の通り納豆に含まれる成分ですが、尿酸やビタミンKを摂ることに問題のある方や、あるいは単純に納豆が苦手な方には、サプリメントを利用して効率的にナットウキナーゼを摂取するのがおすすめです。では、ナットウキナーゼサプリはどのようなタイミングで飲むのが有効なのでしょうか?

 

ナットウキナーゼは直接血液ドロドロ状態を解消してくれるため、血液ドロドロによる血栓症などのリスクが高まる時間帯の前に、予防的に摂取するのが効果的です。そして、最も適するのが睡眠前です。

 

当たり前ですが、睡眠中は水分補給を一切行えません。しかしその一方で、睡眠中にも体は発汗しますし呼吸によっても水蒸気を吐き出します。その結果、体内の水分量は減る一方になるのです。体内の水分量が減れば血液内の水分量も減り、成分が凝縮することでよりドロドロ化が進み、血栓ができやすくなります。これはどんな体質・生活習慣を送っていても必ず起こることです。

 

したがって、睡眠前のナットウキナーゼ摂取は誰にとっても有効なタイミングと言えるでしょう。他には、大量の発汗を伴うような激しい肉体運動を行う前、入浴前なども同じ理由でおすすめです。

 

ナットウキナーゼは有用かつ安全性の高い成分ですが、たくさん飲んだらそれだけ血液がサラサラになるというものでもありません。サプリメントを利用する場合は、サプリメントの用法・用量を守って使用しましょう。

 

ナットウキナーゼと一緒に摂りたい成分は?

 

ナットウキナーゼはそれ単体でも十分に効果的な栄養素ですが、同じような働きを行う栄養素と一緒に摂取することで、より良い効果を受けることができます。知っておくと食事での食べ合わせを考えたり、効果的なサプリメントを選ぶ上で指針となるでしょう。

 

まず、ナットウキナーゼとともに重要なサラサラ効果を与える栄養素として、魚油に含まれるDHA・EPAがあります。これらをまとめてオメガ3脂肪酸と呼びますが、これらは血中の中性脂肪とコレステロールを減らす働きをします。ナットウキナーゼは主に血液がドロドロになった後に発生する血栓を溶かす働きが強いですが、DHA・EPAは主にドロドロになる前に予防的な働きを行いますので、両方とも摂取することで血液の状態を万全に保つことができます。

 

タマネギに含まれるケルセチンも見逃せない血流促進のための有効成分です。ケルセチンは主に毛細血管の健康状態に寄与し、末端の血流量を大幅に改善します。末端の血流量が低下してくると冷えやしびれなどが起こってきますが、そのような不快な症状の改善にはケルセチンが役立ちます。

 

そして、基礎栄養素としては食物繊維もナットウキナーゼと同時摂取することでより健康維持に役立ちます。食物繊維は一緒に摂取した過剰な脂質などの吸収率を低下させてくれるため、ナットウキナーゼよりも早い段階で緩やかな脂質異常症の予防効果を発揮します。